FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

BAOBAB 12月・1月のライブイベント

こんにちは。皆様いかがお過ごしでしょうか?

随分と気温も下がり、朝は布団から出られなくて大変ですね。
私も、家に帰ると完全にコタツムリ化しています。

バタバタと毎日がせわしく過ぎて行き、気づけば紅葉も終わり。
BAOBABの前の並木道もすっかり落葉し、風に舞いすぎて道路がとってもカラフルです。

さてさて、そんな師走も差し迫まった12月29日の月曜日。

BAOBAB、2008年の締めくくりに、
あのお熱いパーカッショニスト3人が、BAOBABにやってきます。

北海道からは、大好きなN'DANAのまさとさん、大阪ジェンベ界のパイオニア・横沢道治、さらにはHamanaHリーダーで今最も勢いに乗る男、堀越大二郎。

これは言うまでもなく、難波魂炸裂の濃厚なLIVEになることは間違いなし!
3人が繰り広げるリズムの嵐で2008年の厄をスッキリ落として、
新たな1年を迎えようじゃありませんか!!


2008年12月29日(月)
START 19:30
前売り予約2,500円 当日2,800円 (共に1Drink付)

若い女性に大ヒット中!!おいしさ稲妻級!!
黒い雷神ブラックサンダー
現る!!
↓ ↓ ↓
Myd スーパールンバスターズ
Mydスーパールンバスターズ

(写真左から)

木村優斗 Masato kimura (N'DANA) Percussion/nyatiti/Voice
http://kimuramasato.blog118.fc2.com/

横沢道治 michiharu Yokozawa(タムタムカンパ二―) Percussion/Voice
http://tadaotoyokozawa.seesaa.net/

堀越大二郎 Daijiro horikoshi(HamanaH) Percussion
http://star.endless.ne.jp/users/tendai/

ご予約は下記のいずれかへどうぞ♪

BAOBAB 075-702-1760
タムタムカンパニー 06-6241-5717 (20:00まで)
横沢道治 090-6328-5087 (20:00まで)


そして、年明け2009年最初の投げ銭LIVEは、
もはやBAOBABのレギュラー、Wonkhe'2とひきたま&木村和人。

来年も乞うご期待ですよー☆☆

2009年1月10日(土)
START 20:00

Wonkhe'2

wonkahe'2
『タイコ』がとっても好きな"にしやまん"と、『音』と『旅』がとっても好きな"RYO"が出会ってできたユニットWonkhe`2。Wonkhe`は「さあ行こう!」という意味。西アフリカの伝統楽器、"バラフォン"(木琴)とコラ(ハープ)の、優しくどこか懐かしい音を操り、西アフリカのトラディショナルのカヴァーを中心に、Roots of music をいろんなカタチで追い求めている。


2008年1月17日(土)
START 20:00

ひきたま&木村和人

ひきたまさん 木村和人
アフリカの民族楽器カリンバやコラを弾きながら唄う異色のシンガーソングライ
ターひきたまさん(写真:左)と、自称、流血有機系パーカッショニスト木村和人(写真:右)の無国籍で透明感溢れるスパイシーなごちゃまぜサウンド!アフリカ、ブラジルの楽器で日本語のオリジナル曲を弾き語ります。なんだかいつも懐かしい気持ちになるのは私だけ?!必聴です。


Myd スーパールンバスターズのLIVE以外は、いつもどおり投げ銭LIVEです
皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げております☆☆




人気ブログランキングに参加しています。
↓ぽちっとワンクリックお願いします☆
今日もよろしくワンクリック
スポンサーサイト
14:29 | BAOBAB ライブ&イベント情報 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

BAOBAB 11月のライブイベント

2008年11月1日(土)
START 20:00

ひきたま&木村和人

ひきたまさん 木村和人
アフリカの民族楽器カリンバやコラを弾きながら唄う異色のシンガーソングライ
ターひきたまさん(写真:左)と、自称、流血有機系パーカッショニスト木村和人(写真:右)の無国籍で透明感溢れるスパイシーなごちゃまぜサウンド!アフリカ、ブラジルの楽器で日本語のオリジナル曲を弾き語ります。なんだかいつも懐かしい気持ちになるのは私だけ?!必聴です。



2008年11月22日(土)
START 20:00

地球家族バンド・ココペリ

ココペリ
偶然と必然入り乱れ、核分裂の末2005年3月に生まれた家族バンド・ココペリ。主に、大阪や神戸でライブ活動中。2006年12月にファーストアルバム「ココペリ/FIRST」をリリース。マルコソングを彩る多種の民族楽器、自称他称、"地球音楽"。



2008年11月24日(月・祝)
~癒しの宴 アフリカンハープ コラの夜~

MAMADOU DOUMBIA


START 20:00
¥2,500 (Drink付)



TV番組「ここが変だよ日本人」でのちょんまげ姿が今も印象的な
ママドゥ・ドゥンビア。
日本在住のアフリカ人で唯一のコラ奏者でもある彼が、
今回、BAOBABにその音色を届けにやってきます!

その昔、アフリカの王様の心をなぐさめたというアフリカンハープ「コラ」
繊細で幽玄な癒しの音色で心を静かに浄化してくれます。

毎日のあわただしい生活から少し抜け出して、
あなたもコラの音色に癒されてみませんか?


MAMADOU DOUMBIA
ママドゥ・ドゥンビア Mamadou Doumbia
1966年、マリ共和国うまれ。大学在学中にマリの有名バンド【レイルウェイ・バンド】でギターを担当。その後サリフ・ケイタのバンドでリードギターを務め、ワールド・ツアーに参加。ロスではサンタナとも共演。1991年より活動の場を日本に移し、来日後参加したバンド【マンディンカ】のアルバムが英語の雑誌の年間チャート・ワールド・ミュージック部門で一位に。テレビ番組【ここが変だよ日本人】での出演でその発言と独特のちょんまげ姿で人気を博す。日本在住アフリカ人で唯一のコラ奏者、ンゴニ奏者として、ブルースのルーツでもある西アフリカの伝統音楽を伝える、音の伝道師。



2008年11月29日(土)
START 20:00

Wonkhe'2

wonkahe'2
『タイコ』がとっても好きな"にしやまん"と、『音』と『旅』がとっても好きな"RYO"が出会ってできたユニットWonkhe`2。Wonkhe`は「さあ行こう!」という意味。西アフリカの伝統楽器、"バラフォン"(木琴)とコラ(ハープ)の、優しくどこか懐かしい音を操り、西アフリカのトラディショナルのカヴァーを中心に、Roots of music をいろんなカタチで追い求めている。



ママドゥ・ドゥンビアのLIVE以外は、いつもどおり投げ銭LIVEです
皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げております☆☆




人気ブログランキングに参加しています。
↓ぽちっとワンクリックお願いします☆
今日もよろしくワンクリック
00:00 | BAOBAB ライブ&イベント情報 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

11月1日 ひきたま&木村和人 ライブレビュー

前回のライブが7月だったなんて、なんて早いんでしょう。
そのときクーラーが壊れていて、水が落ちて雨が降ってるような
そんな店内で、異国情緒たっぷりだったんだ。

ひきたま&木村和人


そして、今回5ヶ月ぶりのライブ。
ひきたまさんは相変わらずのびやかな歌声で、
木村さんのパーカッションは相変わらず情熱的。

ひきたまさんはカリンバという楽器を使って歌ってらっしゃるのですが、
亀の甲羅を使ったカリンバには驚きました。

ずいぶん昔から使っているらしく、
もうチューニングも合わなくて壊れかけなんだっておっしゃってましたが、
その歌を唄うときは、この亀のカリンバじゃないとダメなんだって。

その亀の音色は決していい音色とは言えないんだけれど、
バインバインと響く音が、その歌とマッチしていて、
私はいつのまにか、また惹き寄せられていたのでした。

いつも銭湯の湯けむりの中で聞いている錯覚に陥るのは何でなんだろう。


by STAFF ゆかり



人気ブログランキングに参加しています。
皆様の1クリックお待ちしてます。
↓↓↓
今日もよろしくワンクリック


14:40 | BAOBAB ライブ&イベント情報 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

本日開催!ムミナトゥ&ミトゥ フェアウェルパーティー

いよいよ彼らがBAOBABにやってくる!!
あと少しではありますが、お席をご用意することができますので、
みなさまのご来店を、心よりお待ち申し上げております♪


2008年10月25日(土)
~ミニライブと軽食ビュッフェ有りのアットホームなパーティー~

ムミナトゥ&ミトゥ フェアウェルパーティー


OPEN 18:00~23:00
¥3,000 (※軽食ビュッフェ付き Drink別)



10月10日から始まるギニア祭2008のため来日した二人に感謝の意味を込めて、ここBAOBABでフェアウェルパーティー(送別会)が開かれます。

これはNYを拠点に世界中で活躍しているアーティストを間近で見るチャンス!
軽食ビュッフェとライブで、ギニアの風を感じてみませんか?


ムミナトゥムミナトゥ・カマラ Mouminatou Camara
ギニア共和国出身。7歳の頃より踊りを習い始める。16歳でMilitary Ballet Company of Guinea のメンバーに加わり、ダンサーとして活躍。数年後、当時Ballet Djoliba のディレクターだったKemoko Sano氏に認められ同舞踊団にて活動を始める。後にギニア国立舞踊団Les Ballets Africainsのダンサーに抜擢され10年間もの間トップダンサーとして君臨し続けた。1996年、活動拠点をアメリカNYへ。

ダンスワークショップ指導を続けるかたわら、NYを拠点に活動するダンスカンパニー‘Seewe African Dance Company’を立ち上げる。 同ダンスカンパニーにおいて、振付けを行うと同時にディレクター、ダンサーとしても活動中。現在、アメリカ全土において一番有名な女性アフリカンダンサー・指導者の一人と言っても過言ではない。


ミトゥ
ママドゥバ・ミトゥ・カマラMamadouba Mito Camara
ギニア共和国を代表する、精粋のエリートミュージシャン。5歳の時に一番上の兄でドラマーのイブラヒム・コジ・カマラに最初の太鼓の手ほどきを受け、10歳で名プレーヤー、アブバカール・ファタブ・カマラにつき、厳しい訓練とその薫陶を受ける。
13歳で、ギニアきってのパーカッショングループ「パーカッション・デ・ギニアジュニア」のメンバーとして選ばれ、ギニア国内とヨーロッパ各地を演奏して周ると同時にコナクリー市内の有力舞踊団「バシコロ」のソロドラマーも務める。
そののち、1994年にギニア国立舞踊団のドラマーとして最年少で選ばれ、国を代表する若手花形ソリストとしてギニア中に名を馳せる。2006年まで同舞踊団で活躍の後、渡米。現在、米国コネチカット州在住、全米各地で活躍している。





人気ブログランキングに参加しています。
↓ぽちっとワンクリックお願いします☆
今日もよろしくワンクリック
15:39 | BAOBAB ライブ&イベント情報 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

2008年10月15日 AFRICA WALI ライブレビュー

まさに太鼓馬鹿決定戦!

アフリカワリ


福岡、静岡、大坂、京都。
日本各地の太鼓大好き人間がBAOBABにやってきました。


アフリカワリ2


ジェンベやドゥンドゥン(牛側の筒太鼓)の音を初めて聞いた人も多かったようで、あまりの音に目を丸くしていましたが、
後半はアットホームな雰囲気でみんなすごく楽しんでいました。

アフリカワリ4


そして、それ以上に一番楽しんでいたのは出演者たちかもしれません。
それぞれ忙しくて中々集まる機会のない彼らですが、またBAOBABに来てほしいです。


by 店長 紅葉



アフリカワリ3


私も、店長から彼らは「見なきゃ損」ってずっと言われてたんで、
休日にもかかわらず、お客さんとして友達と見に行ってきました。

いやはやすんごかったーーーーーー
私、打サミんときなんでもっと見んかったんやろって後悔した。

タイコのことは全然詳しくないし、リズムがどうとかも全然わからんけど、
なんやろ、あの勝手に体が動く感じ。胸がドキドキする感じ。

西アフリカではずっと昔から親しまれてきたジェンベ。
文字のなかったころは、村々での通信手段としても使われてきたらしいです。

だから、その一つ一つのリズムや、他の太鼓などとの組み合わせで
言葉の意味が決まっているものもあるそうです。

実に奥が深い楽器なんですね。

そんなジェンベが大好きで大好きで仕方ない5人がそろった
素人の私から見てもそれが熱いくらいに伝わる、そんな一夜でした。

そしてほんとみんな仲が良くて、
見ていてニッコリ、ほほえましかったです。

AFRICA WALIの皆さん、ありがとう。
また来てくださいね!
そして今度はゆっくり飲みましょう(笑)


by STAFF ゆかり



人気ブログランキングに参加しています。
皆様の1クリックお待ちしてます。
↓↓↓
今日もよろしくワンクリック
01:40 | BAOBAB ライブ&イベント情報 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。